汚れ具合や素材で使い分ける種類豊富な洗剤

お掃除に不可欠な洗剤、洗剤と言ってもたくさんの種類があり、それぞれ特徴があり、掃除をする素材や汚れにふさわしいものを選び使い分ける事で、よりキレイになり、安全安心に使用出来ます。一般的な洗剤をおおまかに分けると『中性』『弱アルカリ性』『アルカリ性』『酸性』の4つに分けられます。それぞれの特徴を理解して上手に使い分けましょう。

『中性』タイプ。比較的安全で、素材にも優しいもの。食器洗いや日常のお掃除に向いています。水拭きでは落ちない汚れなどに使用する事がふさわしく、頑固な汚れには不向きです。安全ですが汚れを落とした後は水拭きをして洗剤はきちんと拭き取る事が必要です。食器洗い洗剤やお風呂の洗剤などがこのタイプです。

『弱アルカリ』タイプ。比較的一般的な洗剤で、中性洗剤では落とせない汚れにふさわしく、手あかや軽い油汚れ、ヤニなどを落とすのに効果的です。アルカリの成分がタンパク質や油を分解し、落とします。フッ素コートや塗装面がはがれてしまうことがあるため目立たないところで試してから使用する事が望ましく、肌がデリケートな人はゴム手袋などの使用がオススメです。台所掃除や窓拭きなどに使われる洗剤がこのタイプです。液体の他にクレンザという研磨剤の粒子により汚れを落とすものもあります。これは粉末やクリームタイプがあり汚れや素材によって使い分けます。こびりついた汚れには効果的ですが、磨き方によっては素材にキズをつけることがあるため注意が必要です。こちらもゴム手袋などを使用すると手荒れを防げます。

『アルカリ』タイプ。頑固な油汚れにふさわしく、お湯で薄め付け置きをしてから汚れを落とすと効果的です。素材によっては素材の質を損なう事もある為、小さな部分でテストをすることをおすすめします。ゴム手袋などは必ず使用するようにして、すすぎを念入りに洗剤の成分をしっかり落とす事が大切です。台所洗剤やカビ落としなどに使用する洗剤がこのタイプです。

漂白剤などもアルカリ性の分類に入り、塩素系は白い布などの漂白、食器やお風呂のカビ取りなどの漂白に使用し、酸素系は色柄物の漂白に使用します。酸性の洗剤と混ざると有毒な塩素ガスが発生するためとてもキケンなため注意が必要です。

『酸性』タイプ。水垢や便器の尿石にふさわしくアルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。他のタイプに比べ即効性がないため洗剤をつけたまま時間を置くことで効果を発揮します。時間を置いた後、ブラシなどでこすり汚れを落とします。酸性洗剤は鉄を錆びさせたり、素材によっては素材を痛めてしまうため注意が必要です。時間を置く必要があることからすぐには反応が起きないためしっかりと確認をしてから使用する必要があります。

洗剤ではないですが、このほかに『溶剤』と呼ばれる汚れを溶かして落とすものがあります。マジックなどや化粧品、油汚れを落とすにはとても力を発揮しますが、同時にプラスチックなども溶かすため、使用する素材に注意する必要があります。引火性や有毒性もあるため細心の注意が必要です。ベンジン、シンナーなどがこのタイプです。

洗剤の知識だけでも随分とお掃除に対する目が違ってくるのではないでしょうか?

  • 「ハウスクリーニングなび!お掃除のプロにお任せ!」はアナタの条件の合う業者を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ