どちらを選ぶ?フローリングワックスとフロアコーティングの違いとは

ハウスクリーニングのサイトなどをみていると、いろいろ目にするコーティングという名前。フローリングワックスやフロアコーティングとはどんな事をしてくれるのでしょうか?そしてどんな違いがあるのでしょうか?

正確にいうと業者によっていろいろ呼び名があるものの同じ名前でも差があったりするようで、最終的には作業をお願いする際に、各業者に確認をし説明をしてもらうことをお勧めします。ただ、それぞれ値段も幅広く、どこの業者にどのようなことをお願いするかの目安になるような大まかな違いを把握してみましょう。

基本的には全てをフロアコーティングといいます。施行の種類が増えて来た事でさらに強いコーティングという意味で、そのくくりにフロアコーティング(ハードコーティング)が入り、一般的に気楽に施行ができるものをフローリングワックスと種類分けがされているようです。フロアコーティングの中にはさらにいろいろな種類があります。これにはメリットとデメリットがあり、良く把握してどのタイプをお願いするかしっかりと選んでいきましょう。

フローリングワックスは通常の樹脂系のワックス、水性ウレタンコーティングなどがあり、ハードコーティングにはシリコン系フロアコーティング、油性ウレタンコーティング、UVフロアコーティングなどがあります。比較的、低価格で施術が出来、一度施行したものも比較的ラクに取り除く事が出来ます。

基本的にフロアコーティングとは床を保護し、美しく保つためのものです。フローリングワックスと言われる樹脂系のワックスは、床の保護剤としては最も一般的で、多く利用されています。合成樹脂を主成分にして、配合物や配合比率によって仕上がりが違ってきます。そしてハードコーティングと言われる、フロアコーティングは少しずつ需要が増えて来ています。耐久性がメリットですが、比較的予算が高めになります。そして、フローリングワックスとは違い一度施行をすると取り除くのはとても大変なことです。ワックスを塗る。という感覚よりもペンキを塗るという感覚に近く、仕上がりに満足出来なかった場合などに安全にコーティングを取り除くのはとても難しく、賃貸物件などはハードコーティング不可という所もあるようです。

どちらにもメリットとデメリットがあるため施行をする部屋の状態や使用目的なども考慮して業者と良く相談をして施行に入る事が大切です。

  • 「ハウスクリーニングなび!お掃除のプロにお任せ!」はアナタの条件の合う業者を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ