ハウスクリーニングとの違い、家事全般を行うハウスキーパー。

ハウスクリーニングの他に、家事代行や家政婦、ハウスキーパーなどいろいろな呼び名を目にします。何が違うのでしょうか?業者によっては呼び名が違っても仕事の内容はあまり違いがない場合もあるようですが、一般的には『ハウスキーパー』と呼ばれる仕事が、家事代行や家政婦と言われる仕事をする人たちを指し、『ハウスクリーニング』と呼ばれる仕事が、掃除をしてくれる人を指すようです。

ハウスクリーニングは比較的、プロの知識や技術を使い、普段の掃除ではキレイに出来ないような部分をキレイに掃除をしてくれるサービスです。これをハウスクリーニングの中の専門技術型といい、家事代行などに近い普段の掃除を代行してくれるサービスをハウスクリーニングの中の家事代行型といいます。業者により専門技術型のみのサービスを行っている所から、家事代行型をメインに行っている所まであり、業者によって呼び方などは様々だったりするようです。

ハウスキーパーはハウスクリーニングの家事代行型と重なる内容の部分も多く、これも業者によって呼び方が様々なようです。ハウスクリーニング同様、ハウスキーパーも、高齢化や働く女性が増えた事でニーズが高まって来ています。共働きの家庭や、仕事が忙しい単身の方などが、利用する事が増えているようです。

ハウスクリーニング(専門技術型)は1年に数回、それぞれの場所によって依頼するくらいの頻度の方が多いようですが、ハウスキーパーやハウスクリーニング(家事代行型)は定期的に利用することが多いようです。

  • 「ハウスクリーニングなび!お掃除のプロにお任せ!」はアナタの条件の合う業者を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ