名前は良く聞くけれど意外に知らないハウスダストの実態

『ハウスダスト』名前は良く聞きますがはたしてハウスダストとはどのようなものなのでしょうか?

名前の通り、ハウスダストとは室内に溜まるホコリのことです。ホコリと一言でいってもいろいろなものが含まれています。人やペットの毛、フケ、垢、植物の花粉、タバコの煙粒、食べかすや、ダニ、ダニの死骸、フンなども全てハウスダストに含まれます。このダニはハウスダスト1gの中に死骸も含め数百匹から1万匹居ると言われています。このダニは、最近増えているアレルギー体質の人のアレルゲンになっています。ダニ、花粉がアレルギーの大半を閉めていると言われていて、小児ぜんそく、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギーの症状を訴える人が増えています。最近では大人になってからぜんそくが発症するというケースも増えているようです。

日本のアレルギー発症人口は人口の三分の一と言われていてます。アレルギーはカラダを守る免疫機能が異常を起こすことで発症する病気ですが、アレルゲンを減らす事でも軽減に繋がります。

人の暮らす環境が快適になり、密閉性の良い、アルミサッシなどを利用した住宅が増えた事でダニにとっても快適な環境になってしまいました。ダニが最も繁殖しやすい環境は、温度25度、湿度60%と言われています。その快適な環境の中で、ダニは人間の垢、フケなどや食品、カビなどを食べて生きています。生きているダニの他に死骸もたくさん潜んでいます。これらのアレルゲンを減らす為にはこまめに掃除をする事が一番です、しかし掃除機で掃除をしているだけだと掃除機に吸い込まれた後にフィルターを通り越して排気とともに排出され部屋中に舞ってしまうことも多々あります。そうすると掃除をしたことで部屋中にアレルゲンが広がってしまいます。もちろん掃除をしないよりはこまめに掃除をする事は大切なコトですが、定期的にプロにお任せして本格的に掃除をしてもらう事でアレルゲンを大幅に減らす事にもつながり、その後の掃除もラクになります。一度はうスクリーニングを依頼してアレルギーの反応の変化を試してみてはどうでしょうか?

  • 「ハウスクリーニングなび!お掃除のプロにお任せ!」はアナタの条件の合う業者を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ