掃除のスペシャリスト、ハウスクリーニングアドバイザーとは

ハウスクリーニングアドバイザーという資格は、(社)建築デザイン資格認定 JDC(日本デザインプランナー協会)が主催しています。掃除に関するプロとしての専門知識を持ち、場所や状態によってどのような掃除をしたら良いかなどの判断を適切にでき、さらにそれを人にアドバイス出来るだけの知識・技術・観点を持っていることが必要です。試験に合格するとハウスクリーニングアドバイザーとして認定されます。

ハウスクリーニングアドバイザーの試験は年に5回あり、試験の日程期間から1日選んで自宅で受験が出来ます。受験対策などをしている専門学校や通信教育などで勉強をして試験に臨む方が多いようですが、独学で試験に臨む事も可能です。受験資格も学歴・年齢・実務経験など問われないため多くの人にプロになる可能性があります。独学や通信教育などで自宅で学ぶ事も可能な為、働きながら資格が取れるというメリットもあります。合格基準は70点以上で合格人数の枠は設けられていないため、比較的合格しやすい資格とも言えます。もし不合格になっても年に5回、間をあけずに受験ができます。

ハウスクリーニングの仕事をする為に資格は必須ではありませんが、認定資格があることで就職などのアピールにもなり、お客様からは信頼が得られます。ハウスクリーニングを依頼する側からしても、業者が増えて来ている今、料金だけで決めず、信頼出来る知識と技術をもった業者へ依頼するための目安にするといいかもしれません。

  • 「ハウスクリーニングなび!お掃除のプロにお任せ!」はアナタの条件の合う業者を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ