掃除に関する知識と技術を習得、クリーニング技工士とは

クリーニング技工士とは、諒 アーキテクトラーニング認定の資格です。通信講座を受講して添削課題を全てクリアし、講座を修了することでクリーニング技工士として認定されます。スクールの母体は一級建築士事務所です。ハウスクリーニング以外にも幅広い通信講座を展開しています。

この資格はハウスクリーニングアドバイザーの講座と同時に受講するコースがあり、同時に取得する事が多いようです。掃除に関する一定以上の知識を習得し、その知識を生かして掃除を出来る人が得ることの出来る資格です。普段の家での掃除の仕方のコツを学びたい人から、プロを目指す人まで比較的気軽に、短期間・低予算で取得出来る資格です。

掃除が大変でとても面倒なキッチンのレンジまわりやお風呂、エアコンや窓ガラスなどの落ちにくい汚れをどうやったらすっきりとキレイに落とせるかなども勉強出来ます。ハウスクリーニングの仕事に限らず、家事の代行、介護、引っ越しなどの仕事に関わる人にもとても役に立つ知識です。ハウスクリーニングの知識や技術は、普段の生活から、幅広い職業において役に立つものです。

ハウスクリーニングのニーズが高まる中、業者も増えている為、サービスの質や技術にもとても差があると言われています。そんな中、資格を持っているという事は、信頼などにも繋がります。クリーニングを依頼する際も、そのような資格を持っているかなどをチェックする事で、クリーニングにたいする知識をきちんと学んでいるかなどの目安になるようです。

  • 「ハウスクリーニングなび!お掃除のプロにお任せ!」はアナタの条件の合う業者を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ